忍者ブログ
管理人Amberがひっそりと書いた詩(散文)を、 こっそりと公開することを目的として開設された空間。 更新は極めて遅い事が特徴。
[50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

君が誘った路の端に
淡くて優しい八重桜

そのやんわりとした色彩に
私は束の間微笑んで
花と君の横顔と
空を同時に仰ぎ見る

時の流れが桜の色に
染まって行くのが見えました

今年の桜は去年より
ずっとずっと美しく
より繊細で柔らかな
愛らしい姿に見えるのは
君への想いを見てるから

桜の色に重なって
響いて聞こえた心の音色

同じ歩幅で歩いてくれる
私は君が
君が好きだと知りました
 



 先日、帰り際に月と散り始めた桜が綺麗で

「願わくは 花の下にて 春死なん その如月の 望月のころ」 西行

 なんて歌を数年ぶりに思い出し、非常にしんみりと、桜の下で死ぬってどうかしらねぇから始まって、
 ああ、運命の人と桜の下で出会ったら、素敵っ なんて 乙女的妄想モードにスイッチが入って思考が暴走。


 天気も良くて、桜も散って、なんとなく咲いてる八重桜を見て、
 ああ、可愛いなぁと、思ってさらに妄想爆発。
 たまには乙女な妄想路線で詩でも書いてみようかなって思った。
 
 (実際はおいしそうだなぁとも思ったあたり、花を愛でるより団子派か、と。
 そんなんだからイカンのだとも微妙に納得しつつ実生活を振り返り
 妄想もぶっ飛ぶ虚しさ100倍なあたり、実にワタシらしい訳で
 
 この勢いでなせば成る成さねばならぬ恋愛小説! と思ったんだけど、
 最近どうにも短距離ランナーで、全く長編(短編含)物語が構成できんのですわ。
 
 で、結局この程度で創作は終わりを見るのであった。
 しかも、なんか、あんまり劇的でもファンタジックでもなく、地味。
 さらになんとなく中途半端(ダメじゃん!)
 
 やっぱここは転生(得意分野)ネタを使って因縁と固執と束縛要素を絡めて煮詰めてドロドロにした、
 コテコテの面倒臭い小説書きたいよぉ。

 あ、一応ここから飛べない(仕様)本家サイトでは馬鹿甘カップル多数の転生ネタ長編小説がメインとなっております。ええ、もう竜は出るは王様出るは王子に王女に双子に同性近親相姦何でも来い! なファンタジィ小説サイトですが、あまりにこっ恥ずかしいので、飛べないようにしてあります。
 ついでに言えばHNも別なのよん。
 でも本家サイトからこっちには飛べると言う不親切安全設計でーす(最近こっちしか更新しないから)。


 

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< HOME 虚無 >>
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
このブログについて
タイトル:遺失物係
管理人 :Amber
Q:管理人やブログを一言で表現するなら?
A:閉鎖的(色んな意味で)。

注意書:
・当ブログは管理人Amberが趣味で書いた創作文を中心としています。
・当ブログの内容は総て無断掲載・無断使用の類いは一切禁止です。

拍手
もし気に入って下さった作品がありましたら、ポチっと押していただければ励みになります。さらにタイトルなんぞ記入していただけるとなお嬉しい。

お天気(クリック募金)
最新記事
最新コメント
[05/14 お江戸でござる]
[09/12 お江戸でござる]
[04/27 お江戸でござる]
ブログ内検索
最古記事
バーコード
カウンター
忍者ポイント
広告とか
忍者ブログ [PR]