忍者ブログ
管理人Amberがひっそりと書いた詩(散文)を、 こっそりと公開することを目的として開設された空間。 更新は極めて遅い事が特徴。
[55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 寒くて暗い、森の中。ぼんやりと霞む霧の夜。
 小さな窓から、今日もナメクジ君のお部屋を覗きます。
「ナメクジ君、ナメクジ君、居るんでしょう? 出てきておくれよ」
 けれど、応えはありません。
 お家のドアにはいつもカギか掛って、誰が呼んでも叩いても、なんにも応えてくれません。
 でも、森の仲間はちゃんと彼がそこに居るのを知っています。
 みんな心配で、夜になると様子見に来てくれるのです。
 ところが、ナメクジ君はお家の一番おくの奥、誰にも見えない小さなお部屋で、じっと誰かが居なくなるのを待
っているのです。

「外になんて出るもんか」
 ナメクジ君は呟きます。
「外に出たら、僕のお月さま、取られてしまう」
 沢山雨が降った日の事でした。
 その夜は、どんより湿って、とても快適なお散歩日和。
 ナメクジ君は久しぶりに気持ち良く、のんびりと真っ暗で冷たい夜の森を楽しく歩いている時でした。
 きらり、と何かが光ったように見えました。
 木の葉の影に隠れて、見た事もない真ん丸で真っ白い大きな石があるようです。
 最初は恐る恐る、おっかなびっくり近づきました。
 大きな石は真ん丸で、白くてつるんと輝いて、だんだんナメクジ君はこれが何か分かって来ました。
「きっとそうだ、絶対そうだ!」
 ナメクジ君はそれが何なのかわかって、大喜び。
「雨でお月さま、流れてしまったんだ! 初めて見たぞ! 初めて見たぞ!」
 嬉しくなって何度も石の周りをまわります。
 でもすぐに、急に心配になりました。
「お月さまがお空にないと分かったら、誰かが探しに来るかもしれない」
 大変だ、大変だ。
 ナメクジ君は辺りをきょろきょろ見渡して、誰も居ない事にホッとしました。
「僕だけだ。僕だけのだぞっ。お月さまを持ってるなんて、なんて素敵だろう!」
 あんまり綺麗な色なので、自分だけの宝物にしようと決めました。
 そうと決まれば、一生懸命運びます。
「そーれ、そーれ、もうすぐだ、ヤレ、そこだ」
 掛け声だってそーっとそーっと、誰にも聞こえないように、誰にも見つからないように、よっこらよっこら運びます。
 やっとこどっこら運び終わると、慌ててカギをかけました。 
 見られては大変。
 窓にカーテンを引きました。
 取られては大変。
 一番奥のお部屋に入れました。
 それは素敵な宝物。
 疲れて、一緒に眠ります。

 それから何人のお友達が訪ねてきたでしょうか。
 何度雨降りの気持ちの良い夜が過ぎたでしょうか。
 けれどもナメクジ君は誰にも会いません。
 誰とも会おうとはしませんでした。
「僕にはお月さまがいる。お月さまがいるから寂しくない。お月さまもそうでしょう? 僕がいるから寂しくないよね?」
 ナメクジ君は毎日、来る日も来る日もお月さまに語りかけます。
 けれど、お月さまは何も言ってくれません。
 それでも構わない、とナメクジ君は思います。
 だって、こんなに綺麗なんだもの。だって、こんなにうれしいんだもの。
 こんな素敵な宝物を、他に誰が持っているというのでょう。
 それだけでも嬉しくて、何度も何度も笑いかけているのでした。





──つづく


 一体、これを覚えている人がいるのか?
 もうかれこれ十……ん年前の作品のリメイク(ってほとんどしてないケド)。

 掃除してたら消えかかった(感熱紙)原稿が出てきて、このままじゃ風化する寸前だと。
 このまま風化させた方が良かったんですが、折角読めるうちに出てきたし、ネタもないからこれネタにしようって(自虐? これって自虐ネタ?)思ったんですが、

 原稿一枚分で疲れたので続きものにしました(笑)。
 
 もし、O 嬢(足の具合はもう大丈夫?)がこれを見たら、なつかしんでくれるでしょうか。
 それとも、爆笑してくださるかしら???
 出来れば、呆れないでくれる事を望みます(ーー゛)
 
 では、また「Salty Moon 2」でお会いしましよう。 
 

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
このブログについて
タイトル:遺失物係
管理人 :Amber
Q:管理人やブログを一言で表現するなら?
A:閉鎖的(色んな意味で)。

注意書:
・当ブログは管理人Amberが趣味で書いた創作文を中心としています。
・当ブログの内容は総て無断掲載・無断使用の類いは一切禁止です。

拍手
もし気に入って下さった作品がありましたら、ポチっと押していただければ励みになります。さらにタイトルなんぞ記入していただけるとなお嬉しい。

お天気(クリック募金)
最新記事
最新コメント
[05/14 お江戸でござる]
[09/12 お江戸でござる]
[04/27 お江戸でござる]
ブログ内検索
最古記事
バーコード
カウンター
忍者ポイント
広告とか
忍者ブログ [PR]