忍者ブログ
管理人Amberがひっそりと書いた詩(散文)を、 こっそりと公開することを目的として開設された空間。 更新は極めて遅い事が特徴。
[58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

烏が一羽
オレンジ色の屋根の上

白く濁った梅雨の空

罪無き烏が水を飲む


烏が一羽 屋根の上

黒い嘴 雨水すくい 
西の空へと 飛んでった

オレンジ色の屋根の上
黒い羽根が舞い積もる

どんな肩書きあったって
烏一羽も救えやしない


――――――――――――――――――――――――――――――


創作ブログだと言う事をすっかり放置して久しいこの頃(笑)。

えーと、とりあえず、これを書いたのは「梅雨時期」です。間違いありません。
だって、文中にも梅雨の~ってあるし。

いや、これホントに梅雨の雨が切れた夕方の光景、見たままなんですわ。

福島第一原発事故以来、あちこちで放射線量の危険が騒がれ、前の菅内閣は全く後手後手で
いな藁問題だのお茶問題だの、米の放射線量だのってなってしまいましたが、
結局、いま、こうして普段通りに暮らしている野生の動物たちは、恐怖もなく営みを続けて行く訳で。

総理大臣やら農水省やら保安院やらがなにをどう弁論しても、烏一羽、救えないのが人間なんだなぁと
飛び去る烏を見つめながら、悲しくなった訳です。

きっと、彼らは体も小さいし、被ばく量も半端ないでしょうし。
自分の身に何が起きたかもわからず、ジワジワと死んで行くのです。
それを疑問にも思わず、最期まで生きてそして死んでいく。

そんな光景を想像して、一人怖く、悲しく、そして無情感に陥っちまった、そんな感じです。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
このブログについて
タイトル:遺失物係
管理人 :Amber
Q:管理人やブログを一言で表現するなら?
A:閉鎖的(色んな意味で)。

注意書:
・当ブログは管理人Amberが趣味で書いた創作文を中心としています。
・当ブログの内容は総て無断掲載・無断使用の類いは一切禁止です。

拍手
もし気に入って下さった作品がありましたら、ポチっと押していただければ励みになります。さらにタイトルなんぞ記入していただけるとなお嬉しい。

お天気(クリック募金)
最新記事
最新コメント
[05/14 お江戸でござる]
[09/12 お江戸でござる]
[04/27 お江戸でござる]
ブログ内検索
最古記事
バーコード
カウンター
忍者ポイント
広告とか
忍者ブログ [PR]