忍者ブログ
管理人Amberがひっそりと書いた詩(散文)を、 こっそりと公開することを目的として開設された空間。 更新は極めて遅い事が特徴。
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あいたい あいたい あいたい

あと100回唱えたら 届きますか

あと100万回叫んだら 聞こえますか

あと何回祈ったら 叶いますか


抱きしめて 温もりを感じたい

変わらぬ想いを 伝えたい


同じ時代 同じ場所 出会えた事が 奇跡

一緒に過ごせた当たり前の日々に

ただ涙が込み上げる


あいたい あいたい あいたい

叶うなら 叫びつづけるよ

届くなら 血を吐いてもかまわない

聞こえるまで ずっと


側に君がいない それだけなのに

毎日は 相変わらず 続くのに

私だけが 此処にいる


永久があるなら 乗り越えるから

君に 少しでも近づくために

何時の日か 巡り逢うまで



大好きだから いつまでも──




 もうすぐ6月が来るんです。私にとって、此処数年は悪魔の潜む6月です。
 いや、6月は自分誕生月なんですが、そんな些細なことは自分でも忘れるくらい、ショックな事が6月に勃発していたんです。

 2005年の6月5日は特に一生忘れないです。

 2006年の6月7日の衝撃も忘れられないと思います。

 2005年6月5日は愛犬の命日、虹の橋に行ってしまった日です。
 丸2年が過ぎようとしていますが、今でもダメなんです。
 14年も一緒に暮らした犬は、永遠の3歳児でしたけど、子供のような、兄弟のような、最愛のパートナーだった訳で、今も時折その体を抱きしめたい衝動に駆られます。
 
 2006年の6月に潜んでいた悪魔めは、父の癌宣告。
 こちらはギリギリ間に合いましたから、お陰様で順調に快復しています。が、職場にいる時、かかってきた携帯電話、その時の母の深刻な声が忘れられません。

 果たして、今年こそは無事に過ごせるのか。
 本当は一足飛びに7月になってくれないか、とさえ思うほど不安。

 今年こそは、愛犬の遺骨を土に返してやらないと、と思っているんですがね……。
 遺骨と暮らすってのも、良くないとは分かっているんですが、踏ん切りつかなくてダラダラしてたら、父の入院騒動。もう、いつどこに埋めたら良いの!? って、今に至る……。 
 今年こそ、きっと土に返してあげたいと思います

 きっと、虹の橋で逢えるでしょうから、それまでは我慢します。 

 

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
このブログについて
タイトル:遺失物係
管理人 :Amber
Q:管理人やブログを一言で表現するなら?
A:閉鎖的(色んな意味で)。

注意書:
・当ブログは管理人Amberが趣味で書いた創作文を中心としています。
・当ブログの内容は総て無断掲載・無断使用の類いは一切禁止です。

拍手
もし気に入って下さった作品がありましたら、ポチっと押していただければ励みになります。さらにタイトルなんぞ記入していただけるとなお嬉しい。

お天気(クリック募金)
最新記事
最新コメント
[05/14 お江戸でござる]
[09/12 お江戸でござる]
[04/27 お江戸でござる]
ブログ内検索
最古記事
バーコード
カウンター
忍者ポイント
広告とか
忍者ブログ [PR]