忍者ブログ
管理人Amberがひっそりと書いた詩(散文)を、 こっそりと公開することを目的として開設された空間。 更新は極めて遅い事が特徴。
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

僕は、一人で此処に座って、ずっとずっと、誰かを待っていた。
僕が待っていたのは、たぶん、君じゃない。
でも、誰かを待っていたんだから、君でも良いのかもしれない。
そんな事を言ったら、君は怒って、僕の側を離れて行った……。

どうして、君は怒ったの?

どうして、僕はまた一人なの?

君に出会って、僕は嬉しかったのに。
君が、「何しているの?」って聞いてくれたことが、とてもとても嬉しかったのに。

また、此処に座って、膝を抱えている僕が居る。
僕は、また誰かを待たなくちゃいけない。

どうして、僕は、此処に居るんだろう……。

僕は、誰を待っていたんだろう……。


 好機って、待っていても訪れないけど、探していても見つからない。
 そんでもって、自分がコレだ! なんて思う時は大概外れクジな気がするもんで、あんまりと言うか、まったく掴めたためしがないような気がする。
 振り返ってみても、やっぱりそんなことは無かったのではと思う。
 きっと、私がチャンスと言うなの君に気がつかなかったんだよね。
 ──と、思ってしまう。

 手相を見てもらって、「ああ、婚期を一度逃がしましたね」なんて言われた事を思い出しました。
 でも、救いはまだもう一山あると言われたことか?
 それまで僕は此処で、独りで待っている事にしましょうか、なんて……ね。

拍手

PR
  たくさんのツマラナイコト

  ちょっとのイイコト


 山積みのイヤナコト

 
  ささやかなシアワセ



 だけど

 今日の空は綺麗


 それだけでイイ

   

 まだ

 心は 生きている


 どうしようもないくらい、煮詰まってしまう事って無いですか? どうしようかと訳がわからなくなるくらい、息苦しい時とか。
 そんな時、私は空を見るんです。
 地面ばっかり見ていると、どんどんネガティブにはまってしまうので、空を見上げます。
 今日みたいにすっきりと晴れ渡った空を見上げると、肩の力が抜けるような感じがします。自分を取り巻く環境が、取るに足らないことのようにも思えるし、「なんだ、結構幸せなんじゃない?」って思えたりする事もあります。空を見上げて、綺麗だと思った瞬間、「まだ大丈夫」って思えると、安心します。
 なんだか大げさなことを言いますが、「生かされている自分」って奴を思い出して、大きな環の中にいるような感じがするんです。
 
 結局、幸せってこんな感じかなって……自分を納得させているだけなのかもしれないですけどね。

拍手

 今日も一日幸せでした。

 今日も良い事がありました。

 ……なんて

 なんて嘘吐きな日記の始まり


 今日もイイコトなんか 何も無かった

 シアワセなんか 全然感じなかった


 ──それも ウソ


 昨日も今日も たぶん明日にだって

 きっと何か 少しだけ良い事がある

 少しだけでも 幸せを見つけられる

  
 それが普通の毎日だから

 こんな普通の毎日だから

 書き出しは 「今日も少しだけ幸せでした」


 今は別ブログの日記さえ毎日更新出来ない私ですが、以前は日記を書いていた事もあったのですよ。
 その時、毎日、嘘でも「今日も一日幸せでした」と書いていた時期があったのです。
 毎日が辛かったから、嘘やはったりでも、そう書き出さないと頑張れなかったんでしょう。
 その時の日記はもう読み返す事は出来ません。
 その生活環境に終止符を打った時、一緒に廃棄しました。
 
 そして、この後に書いていた日記も、正直あんまり楽しい内容じゃないことばっかり書いてありました。
 
 私は精神的に不安定になると、言葉というより文字を綴りたくなるらしく、安定しているらしい時は日記を書かない。日付が如実にそれを物語っていました。
 
 結局、ノート一杯に何かを書くことで、心の均衡を計っているのだと思う。
 ストレスが原因で不整脈になった時も、ひたすら日記を書いていた……。
 
 そこで提案。
 ちょっと鬱になりそうな時、日記、良いですよ?
 安定剤飲むより、体に優しいですし。
 が! 体に異変が出ていたら、速やかに病院行きましょう。内科でも安定剤は処方してくれます!!
 因みに、不整脈は循環器科へ。ストレス抱えすぎると狭心症にもリーチです。一度、ちゃんとした検査を受けておきましょう。

拍手

そろそろ勢いあまってから三週間。
あちらこちらいじくって、もうどうして良いやら解らず、この形にどうにか落ち着いた。

正直、どこをどうすると思った場所が変化してくれるのか、まったく検討がつかなかった。
結局HTMLを探りながら、位置とか決めていったり……。

それでもなんかしっくりきてませんので、ずっと編集の繰り返し。
最終的には、自分が何をしたかったのかさえ見失いました

また、徐々に何とかしていきたいと思います。

あ、このブログから、本家サイトへは飛べないと言う不親切は仕様です。
何故かって? 完全に独立した場所にしようと、管理人のHNをかえてしまったからです。
因みに、このHNは DRAGON WARCRY Rev.2 及び FINAL ORB での分身名。

引きこもりのプレイヤー(冒険者)なので、あまり他の冒険者の方にはお会いする事がありませんが、
時々、と言うか、極稀にフリマでお買い物したりしてますので、見かけても白い目で見ないでやってください。

拍手

丘の上 風が吹いていた

どこまでも 遠くに流れて 

緑の波が 輝いていた


あれは 何時のことだろう

絶え間なく頬に触れた髪をそのままに

握り締めた拳を震わせて


青く高く 白い雲さえ溶けていく空を睨んで

ただ一本の木のように大地を堅く踏みしめて

その胸に 何を秘めていたのだろう


あれは

何時の時代に生きた 私だろうか──




強い意志を秘めた時代も……あったかなぁ??
なんか、のんべんだらりんこ~と此処まで来ちゃった感炸裂です
最近、周りの人が頑張っているのを見て、ちょっと焦りを感じなくも無い訳で……。

風の吹く草原のイメージがとても強く心にあるんです。
行った事も見たことも無い、草原の景色。
例えば、「あなたが一番リラックスできる景色を思い描いてください」って質問があれば、
この見知らぬ草原で、絶え間ない風(強風でも微風でもない)を受けて立っている。
少し離れて緑の生い茂る一本の木があり、遥か向こうには漣がキラキラ輝く湖。と言う景色が浮かぶ。
懐かしくあり、安らぎでもあり、時に哀しくも見えるこの景色は、緑が鮮やかに、鮮明な記憶のように心に浮かぶんですが、そう言う景色って、誰でも持っているもんなんでしょうかね。

 

拍手

カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
このブログについて
タイトル:遺失物係
管理人 :Amber
Q:管理人やブログを一言で表現するなら?
A:閉鎖的(色んな意味で)。

注意書:
・当ブログは管理人Amberが趣味で書いた創作文を中心としています。
・当ブログの内容は総て無断掲載・無断使用の類いは一切禁止です。

拍手
もし気に入って下さった作品がありましたら、ポチっと押していただければ励みになります。さらにタイトルなんぞ記入していただけるとなお嬉しい。

お天気(クリック募金)
最新記事
最新コメント
[05/14 お江戸でござる]
[09/12 お江戸でござる]
[04/27 お江戸でござる]
ブログ内検索
最古記事
バーコード
カウンター
忍者ポイント
広告とか
忍者ブログ [PR]