忍者ブログ
管理人Amberがひっそりと書いた詩(散文)を、 こっそりと公開することを目的として開設された空間。 更新は極めて遅い事が特徴。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

訳もなく泣きたい夜がありますか
月もなく 淀んだ空に救いはなく
実態のない不安に駆られ
何かを見失いそうで
何を為すべきかもわからずに涙だけを堪えて
言葉にならない切なさと悲しさを胸に
たった一人で耐える時間の無限さは譬えようもなく
せめて一秒でも早く
眠りの世界に逃げようと縺れるように走っても
独りきりだと追い立てながら
どこまでも執拗に纏わりついて嘲笑う

ああ 今宵もまた
月さえ見えないのだと 溜息を吐く──



拍手

PR

あなたを 愛したいのです

無条件に 見返りもなく

ただ あなたを包み込む

そんな優しさが欲しいのです


欲も業も打算もない

そんな心からの優しさで

あなたを包んでいられたなら

それだけで充分な幸せを得られるでしょう


愛される事を待ち望む

乾いた砂漠の砂さえも

潤すことができたなら

理想という名の花を見て

平和と言う名の果実を食むでしょう


愛して欲しいとは望まない

私が唯一望むこと

愛されていると感じて欲しい

優しさの中で生きている

そんな当たり前に環境に


感謝できる私でありたいのです
 

拍手

沢山のありがとうを伝えたい

あなたに出会えた奇跡に

あなたと過ごせる時間に

そして、あなたが生まれたこの日にも……


大好きな あなたへ

これからも、この想い積み重ねて

大切なあなたと 笑い合いたい

来年も、そのまた次も、ずっとずっと先まで


あなたと巡り合えた事

あなたを生んでくれた全てに

心から ありがとう


Happy Birthday to you


拍手

空を見上げる事がある
朝の青
昼間の眩しさ
夕焼けの色
そして 夜の空色
雲に覆われて暗い日も
雨に濡れた窓越しにも
空を見上げる事がある

ぼんやりと空を眺めると
地面ばかり見ていた事を知る
ぼんやりと空を見上げると
やけに心が落ち着いて
結構幸せなんじゃないかと
単純な自分と向き合ったりする

そこには、得体のしれない広さがあって
怖いほどの高さが続いていて
何もないということに満ちている

人は死んだら天国という場所に行くらしい
天国と言うのは天の国と言うくらいだから
すなわち空の上の国だろう
そこには沢山の死んだ人が居て
沢山の生まれる人が居て
きっと、神様って奴も居るかもしれない

良くわからないけれど
おまえは、自分で生きているつもりでも
本当は生かされているのだと
言われているような気がすることがある

空を見上げると、
誰か、大きな大きな姿なき、声なき声が聞こえる気がする
おまえは生かされている と


 

拍手

何度も 繰り返す
心の中で 繰り返し 繰り返し

「これ以上 何を 望む?」


望む程に 遠退き
欲する程に 得られないと知る

「手に入らない 不毛な 希望」


今より もっと
これよりも さらに何を 望む

「その先に 何を見て 何が欲しい?」


このままで このままを
続けることが 可能なら

それで良いじゃないか と

これが良いのじゃないか と

何度も 心の声は 繰り返す


欲しい物 願うもの 全てはすでに
わが手の中に

「幸せの 鍵 だと 知らずに……」

拍手

カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
このブログについて
タイトル:遺失物係
管理人 :Amber
Q:管理人やブログを一言で表現するなら?
A:閉鎖的(色んな意味で)。

注意書:
・当ブログは管理人Amberが趣味で書いた創作文を中心としています。
・当ブログの内容は総て無断掲載・無断使用の類いは一切禁止です。

拍手
もし気に入って下さった作品がありましたら、ポチっと押していただければ励みになります。さらにタイトルなんぞ記入していただけるとなお嬉しい。

お天気(クリック募金)
最新記事
最新コメント
[05/14 お江戸でござる]
[09/12 お江戸でござる]
[04/27 お江戸でござる]
ブログ内検索
最古記事
バーコード
カウンター
忍者ポイント
広告とか
忍者ブログ [PR]